ymuc-2048-1S.jpg

ケンチクヤシバタケンジ一級建築士事務所

 はじめまして。「ケンチクヤシバタケンジ」と申します。

​最近作をアップしていきます。

​N HOUSE
2022

1F+B1F

受け継がれてきた土地、 隣は竹林、朽ちた石垣、狭い道。。。 軌跡を辿り、過去から未来へと創造する。 地形を生かし、平家(1F)に地下(B 1F)を加えて心地よい空間を生み出し、未来へと繋げていく。

「白と木色の家」

東向きに開かれた田園風景を持つ広い土地に建つ、3世代を繋げるシンプルな三角屋根。これからの生活に色を付けていくためのキャンバスのような白に、バランス良く無垢の木が映える家。

​I HOUSE
2021

​Y HOUSE 2019

「光と風を取り込む箱」

北側に閉じて、南東に開いた。

シンプルな形態の箱は、家族を守りながら、あたたかな光と風を取り込む。

内部の木と土の素材が、人々をやさしく包む。

3層の空間をつなぐ中央の階段、階段を囲む部屋は効率的に回遊性を作る。

回遊性は、日々の暮らしを多様にする。

築50年の団地の改装。

​「終の住処。」

神戸鶴甲団地内のリノベーション

私の自邸です。

家族で漆喰を塗りました。

​狭い空間なので、家具を入れたあとでも、空間のなかにシンプルな「面」を作るために、天井はシナベニアを貼り、照明などの装飾をすべて排除しました。

H HOUSE 2018

軽やかさと力づよさを併せもつ現代の無垢の力。

欅(ケヤキ)と 榧木(カヤノキ )の「無垢材」をふんだんに使った家。

新着情報

01

2019 / 4 / 17

「光と風を取り込む箱」

02

2018 / 9 / 28

「終の住処」

03

2018 / 8 / 25

「無垢の力」